NPO法人道守長崎および道守長崎会議の総会が開催されました

2022年5月20日 長崎市桜町の長崎商工会館2階ホールで、午後1時30分から「NPO法人道守長崎(山本正治理事長)・令和4年度通常総会」、午後2時30分から「第17回道守長崎会議(牧圭子代表世話人)総会」が開催されました。

「NPO道守長崎」通常総会は、令和2年度と3年度はコロナウィルス禍のため、一堂に会しての開催が行われず、各議案は書面決議でしたが、今回は「道守長崎会議」の総会に先立って開催され、

第1号議案 令和3年度事業報告
第2号議案 令和3年度活動決算(決算額:1,331,586円)
第3号議案 令和4年度事業計画
第4号議案 令和4年度活動予算(予算額:1,556,000円)
第5号議案 役員について(佐々典明氏の理事就任)

の5議案について、いずれも異議なく全会一致で承認されました。

NPO通常総会の様子

第17回 道守長崎会議総会は、令和2、3年度は開催できなかったため、3年ぶりの開催となりました。今回の総会は、会場内の「密」を避ける意味で、また遠距離の会員の参加を容易にするため、「Zoom」アプリを利用してのリモート参加が採用され、会場=約60名、リモート=約30名の参加により開催されました。

総会では、牧圭子代表の開会挨拶、長崎河川国道事務所の金井仁志所長の挨拶の後、議事として規約の変更および令和4年度の活動案が承認されました。
規約の変更については、
・企業担当世話人として、外園秀光氏(アイランドナガサキ顧問)
・参与として、村川康孝氏(長崎県土木部道路維持課長)
金井仁志氏(国土交通省長崎河川国道事務所長)
の就任が全会一致で承認されました。

牧代表の開会挨拶(写真奥のスクリーンはリモート参加者が映し出されています)

議案審議のほか、総会恒例の活動紹介として、次の3団体から活動報告をしていただきました。
・諫早清掃愛護クラブ(諫早・大村地区)村瀬様
・team TA island (佐世保・佐々地区)渋谷様
・道守ユニットの会 吉川様

また、今回は特別活動紹介として、道守大分会議事務局長の木ノ下結理様から
「3つの輪のこれまで ー座をもって互の交を結ぶー」
と題して道守大分会議の活動を報告していただきました。

ウィルス禍の中での総会でしたので短時間の設定となり、懇親会も開かれませんでしたが、盛会のうちに開催することができました。

なお、3団体の活動紹介および大分会議の「3つの輪」活動紹介については、今後、提供していただきました資料とともに、当ホームページで順次ご紹介する予定です。

総会後の集合写真(暫定版です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。